集中的に学習できる塾のカリキュラムで成績アップ

安泰した将来を得る

中学を受験する子供の数が減らない

現代社会は少子化が加速していますが、中学受験する子供の数は以前と比べてあまり変わりがないそうです。その背景には、質の高い中高一貫校の人気の影響もあると言えます。中学受験は、小学生の成績や出席日数が内申としてほとんど反映されないので、試験当日の結果で合否が決まります。試験の内容は、受験する中学によって違いがありますが、私立中学の場合は筆記試験と面接(親同伴で面接がある場合も)、公立の場合は、それ以外に美術や体育、音楽や家庭科などの実技試験などがある場合があります。中学受験で出題される問題はとても難易度が高く、通常小学校では習わない単元ばかりなので、中学受験塾でしっかり対策をしておく必要があるのです。

中学受験塾の内容とは

さらに、中学受験では私立か公立で出題される問題傾向が全く異なります。ですから、ある程度子供の志望校が決まってから、その志望校に強い中学受験塾を探す、というのが理想です。塾では長年のテストのデータをもとに、学校別に出題傾向の擬似問題を作成したり、面接対策など、試験に対してありとあらゆる実践をしていきます。以前では中学受験をする場合、小学4年生ごろから塾通いしないと受験に対応できないと言われていましたが、最近では不景気の影響もあり、小学5年生ごろから入塾するケースが増えているそうです。塾の選び方としては、通いやすい立地にあり、講師の指導が熱心で、志望校の合格実績が多く、近所の評判がよい所がよいでしょう。